ムダ毛処理/脱毛について

知っておきたい、脱毛と生理周期の関係性

投稿日:

脱毛のことで悩むツルツルピンク

脱毛を検討される年齢層の女性は生理がありますよね。

生理周期を意識して施術を受けることは
実は脱毛の効率をアップさせ、より効果を得ることができるようになります。

女性の体のホルモンバランスについて

女性ホルモンである、卵胞ホルモンのエストロゲンと黄体ホルモンのプロゲステロン
の加減により、女性の体には変化が起こります。

  • 卵胞ホルモンのエストロゲン
  • 簡単に言うと女性らしさを出す為のホルモンです。
    エストロゲンの分泌が増えることで肌の状態が良くなります。
    思春期の頃から分泌が始まり、30代でピークを迎え、更年期で減少します。

  • 黄体ホルモンのプロゲステロン
  • 妊娠を助ける為のホルモンで、体温を上昇させる働きがあります。
    プロゲステロンは妊娠した場合は継続して分泌されますが、
    妊娠していなかった場合には分泌量が減少します。

生理周期を知ろう

生理は体の中のホルモンバランスの変化によって起こります。
ホルモンバランスは大きく分けて4段階あり、
月経期・卵胞期・排卵期・黄体期と分けられます。

  • 月経期
  • 基礎体温が下がり、肌の水分が不足しやすく、敏感な時期。
    肌の保湿と水分補給が必要です。
    この時期の脱毛は肌トラブルに繋がる可能性があるので
    施術を受ける前に、しっかりスタッフに伝えるようにしましょう。

  • 卵胞期
  • 生理が終わり、エストロゲンの分泌量が最も多いことから
    肌の状態が最も良い時期と言えます。
    脱毛するにも良い時期とされているので、自分の生理周期を知り、
    このタイミングで予約を入れることが望ましいです。

  • 排卵期
  • プロゲステロンの分泌が始まり、エストロゲンの分泌量が減少し始め、
    体にも少し変化が起こるころです。
    同時にお肌にも変化が起こり始めるので、
    日頃のボディチェックを怠らないようにしたいです。

  • 黄体期
  • プロゲステロンの分泌が活発になり、基礎体温が上がります。
    肌が敏感な時期で、ダイエットの効果も出にくい時期です。
    脱毛することでの肌トラブルを避け、少しでも効果を上げる為に
    この時期の脱毛は避けた方が良いでしょう。
    美容の面ではマイナスなこの時期ですが、妊娠しやすい時期なので
    この時期をしっかり把握しておくことは女性にとってとても大切です。

生理中の脱毛は可能?

実は生理中でも施術は可能で、VIOラインの脱毛のみ不可
というサロンがほとんどです。
ただし、上記で説明した通り、生理中(月経期)は肌が敏感な時期です。
肌が乾燥している状態では、施術後の肌トラブルに繋がってしまうことや、
せっかく行っても施術できないと言われてしまう可能性もあります。

変更可能なサロンであれば予約日を変更することが望ましいですね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
脱毛戦隊(福井脱毛ドットコム編集部)

脱毛戦隊(福井脱毛ドットコム編集部)

編集部は福井県鯖江市にあり、誤った情報を発するムダ毛男爵と戦いつつ、ムダ毛の無いツルツル美肌を目指すみんなのヒーロー。全身・脇・VIO・腕・ヒザ下など部位ごとのお悩み解決に役立つ情報発信をして、ムダ毛男爵の討伐を目標としている。得意技はレーザービームと光フラッシュ。評判や口コミ調査もお任せ下さい。

-ムダ毛処理/脱毛について

Copyright© 福井脱毛ドットコム , 2020 All Rights Reserved.