ムダ毛処理/脱毛について

埋没毛(埋もれ毛)の正しい対処と予防法について

更新日:

脱毛の間違った知識を正す脱毛戦隊

全身の毛がある部分ならどこにでも出来る可能性のある
埋没毛ですが、なぜできてしまうのか、

出来てしまった場合の対処や予防法はご存知ですか?

毛抜きで無理やり引き抜く、なんてことは絶対にやめて下さい。

ここでは正しい対処法と予防法をご紹介しますのでぜひ参考にしてみて下さい。

埋没毛とは?

埋没毛(埋もれ毛)とは、毛の出口が何かしらの原因で塞がり、
皮膚の中で毛が育ってしまう状態や、

毛穴の状態が悪く、毛先が皮膚に刺さったまま毛が伸びる状態のことを言います。

埋没毛の種類

皮膚の表面から毛が見えていても、毛先が表面に出ていない状態ですね。
埋没毛が増えると、黒い点々のように見えたり、お肌が黒ずんで見える原因になります。

この埋没毛を気にせずにカミソリや毛抜きで自己処理を続けると
鳥肌のように毛穴が浮き出てしまったり、毛穴トラブルの原因になり
デメリットしかありません。

ではなぜ埋没毛ができてしまうのでしょうか。

埋没毛ができる原因とは?

最大の原因は乾燥と肌荒れです。

肌が乾燥していると、肌を守る為に古い角質をため込み
肌が分厚くなります。

今から伸びる予定だった毛の出口が角質で埋まり、表面に出られない為に
皮膚の中で育ってしまいます。

乾燥と肌荒れの原因となりやすいのが、ムダ毛処理です。

カミソリや毛抜き、除毛クリームやブラジリアンワックスなどなど
ムダ毛処理にも様々な方法があります。

それら全て、肌への負担は大きいのです。

肌表面の角質を取られてしまう為、乾燥肌に陥ります。

エステサロンやクリニックでの脱毛では、肌表面の角質を残し
保湿を行う為、埋没毛にはなりにくいですが、
脱毛後のお肌は敏感な状態なので保湿ケアは必要です。

埋没毛の対処法と予防法は?

はじめにも記載しましたが、毛抜きで無理やり引き抜いたり
埋没毛がある状態でカミソリを使用するのは絶対にやめて下さい。

肌や毛穴を傷つけ、さらに埋没毛が増える悪循環になります。

埋没毛ができてしまった場合はスクラブやピーリングで分厚くなった
角質を取り除き、肌のターンオーバーを促してあげましょう。

やりすぎも肌に負担がかかりますので週1程度がお勧めです。

スクラブやピーリングも乾燥の原因になりますので
日頃からの保湿ケアはしっかりと行うようにしましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
脱毛戦隊(福井脱毛ドットコム編集部)

脱毛戦隊(福井脱毛ドットコム編集部)

編集部は福井県鯖江市にあり、誤った情報を発するムダ毛男爵と戦いつつ、ムダ毛の無いツルツル美肌を目指すみんなのヒーロー。全身・脇・VIO・腕・ヒザ下など部位ごとのお悩み解決に役立つ情報発信をして、ムダ毛男爵の討伐を目標としている。得意技はレーザービームと光フラッシュ。評判や口コミ調査もお任せ下さい。

-ムダ毛処理/脱毛について

Copyright© 福井脱毛ドットコム , 2020 All Rights Reserved.